トップ / 社会人としての初の葬儀

おくり花

初めて葬儀に参列する 

社会人になり、人との付き合いが広がると葬儀にも参列する事が出てきます。初めての場合は、失敗しないように緊張するものです。服装も、喪服を着用してマナーを守り参列します。このときに、難しいのが香典のお金です。いくらぐらいの金額にするか、迷うものです。あまり、多すぎても相手に対して迷惑になります。周囲と、合わせることが葬儀では何事も大切です。これから先の、お付き合いも含めて自分の年齢などを考えて香典の金額を決めることです。そして、参列する時は、先に受付を済ませてからお焼香にすすみおまいりをします。最後に、喪主に一礼をしてかえります。

香典返しの時期や金額 

葬儀後の香典返しの時期や金額は宗教や地域によって様々ですが、基本的には四十九日めの忌明けに、お礼状とともに頂いた金額の半額をお返しするのが一般的です。しかしながら、最近では葬儀の当日に一律で同じ品をお渡しする「即返し」も増えてきています。発送などの負担が減り、とても効率的な制度ではありますが、用意したお返しに見合わない高額なお香典を頂いた場合には注意が必要です。きちんとチェックしておいて、後日改めてお礼の品をお届けするといいでしょう。また、一家の働き手が亡くなった場合などには1/3返しや、場合によってはお礼状のみでもよいとされていたり、例外もあります。

葬儀の日程に関する情報