トップ / 生前に葬儀について考える

葬儀の際に求められるマナー 

人がその生を全うし、新たな旅立ちに送り出すこと・家族が故人との別れをしのびつつ悲しみを受け入れ昇華するためにも葬儀は欠かせない儀式です。儀式であるがゆえに、装いやお金の一般的なマナーが存在します。弔事では守りたいポイントは、服装は喪服あるいは通夜の場合は節度のある服装で参列すること、振る舞い等の食事は必ず箸をつけることが挙げられますが、何にせよ故人の死を悼む気持ちと遺族への気配りが大切です。宗派によって葬儀のマナーの詳細異なる場合があるので弔報を受けた際には確認を取っておくとよいです。

葬儀に必要な遺影について 

お通夜、葬儀に必ず必要なものが遺影です。昔は白黒写真が一般的でしたが、今はカラー写真が一般的になっています。遺影を選ぶときは、暗い表情や硬い表情のものは避けて、故人らしさ

葬儀の日程に関する情報